ペットくすりがあれば時間と運賃をかけて動物病院まで行かずに済むので便利です

人間が犬や猫等の動物をペットに飼うようなったのは何時の頃からなのかは正確に判っていませんが、現在何らかのペットを飼っているという場合、家族の一員であると認識しているペット愛好家は存在しています。
また一軒家ならいざ知らずマンションでは、ペットを飼う事自体を禁止しているオーナーが多い中で、犬が吠える声等で近所迷惑にならないように配慮する事等を条件に、ペットを飼う事を許可しているマンションも出てきました。
また、ペットを連れて入れる喫茶店等も登場する時代になり、益々人間とペットとの距離が短くなって来ている時代になった、という事なのかも知れません。
人間が風邪やその他等の病気にかかる様に、ペットでも病気を患うというのはあり得る話です。
そして、人間が風邪等の病気を心配し医院やクリニックに出掛ける様に、ペットには動物病院が用意され国家資格を持つ獣医師が診察をし、そして診断を下してくれます。
ちなみに、ペットが犬である場合、見識の無い者がペットが鼻水を垂らしたり、くしゃみをしている所等を目撃すれば、風邪であると見なしがちですが、正確には呼吸器感染症と言うのが一般的です。
初期症状は人間の風邪の様ですが、病が進行すると呼吸が激しくなり苦しそうにしたり、あるいは痰を吐いたりする様です。
勿論この様な症状に対してもペット用の治療薬が用意されています。
人間でも近くに病院が無く、電車等を使い数時間をかけて病院通いをする人がいる様に、ペットも同様に、近くに動物病院がなければ同じ事をしなければなりません。
そのような場合は当然、飼い主がペットと共に動物病院迄、赴く必要があります。
どこかの企業に勤めているのであれば、休みをとらなければなりませんし、毎月薬を貰う為に出掛ける必要があるなら仕事を継続していく事は難しくなります。
そのような場合にはペット専用の個人輸入代行業である、ペットくすりを利用するのが賢明です。
ペットくすりではインターネット上に仮想店舗を用意していますので、ペットの様々な病気を治療する為の薬・フィラリア等のペットに寄生する寄生虫を撃退する薬、あるいはデンタルケアー製品やシャンプー等、様々なペット用品が用意されているのです。
それでは、ペットくすりで販売している製品を幾つか紹介しておきます。
一つ目は小型犬用のフィラリア予防薬で、ハート型の錠剤でバニラの香りが特徴的です。
この薬は、消化器系に蔓延る寄生虫を駆除する事が出来ますので、薬の与え方はドッグフード等に混ぜ込んで食べさせ、期間を隔てると効果が弱くなるかも知れませんので、毎月1回のペースで6回連続して与える必要があります。
二つ目は犬や猫にも使用可能な薬で、ジアルジア症という腸管系等に住み着く原虫が現況で、下痢や腹痛等の症状があらわれる事があります。
この薬はペットの体重1kg当たり25mgを1日に2回に分けて、一週間与え切る事が必要で、中途で投薬を止めない事が大切な事です。

Comments are closed.